2006年04月25日

ドラマ 大奥

時代もののドラマに大奥というのがあって
妻がよく見ています。
ビデオにとって繰り返し鑑賞しているようで
私も知らず知らずのうちに
引き込まれてしまいました。

この時代、自動車も無い時代ですが、
人の気持ち、感情的な部分は
現代でもそうかわりはしないものです。

登場人物の中の
将軍というものが、いかに孤独であるかが
将軍といえども自分の好きなようには
できていないところが
かなり気になっています。
posted by まなみ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

大奥 第3話「祝いにカタツムリ踊りでも舞うてみろ。やれ。」
Excerpt: マルイから帰宅後、まっつんはアルバイトへ。 一方、私と、マルイまで車を走らせてくれた友人はその後「みんなのゴルフ4」を2戦ほど交えました。で、お開きになった後は、大奥華の乱。 高岡早紀が大奥に参上しま..
Weblog: Guides to the future
Tracked: 2006-04-28 19:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。